アクセス

JAPANESE ASSOCITION OF RESTORATIVE DANTISTRY

Restorative Dentistryとは歯科臨床における最終治療を成功に導くためのProsthetic DentistryあるいはOperative Dentistryを統合した学問の総称です。近年欠損補綴にインプラント療法が加わり、Implant Dentistryもその範疇と考えます。その目的は患者の審美感と口腔機能を充分満足させ、咀嚼器官の半永久的な健康保持を図ることであり、Japanese Association of Restorative Dentistryの基本理念でもありその理念に賛同する同志と共に最高顧問 にHessam Nowzari 先生(元南カリフォルニア大学教授)を迎え発会しました。東京・名古屋と2つのエリアで行う月一回の会員発表を中心とした定例会と、年2回の合同例会ならびに特別講師による講演会などを活動の中心とし、欧米諸国、台湾のスタディーグループとも交流を深め一人でも多くの優秀な臨床歯科医の育成に一躍を担っています。

Nobel Biocare Mentor Program

Nobel Biocareが提案するこのトレーニング・プログラムは、Step-by-Step によりできるだけ早くインプラント治療を、臨床応用できることを目的としています。治療に必要な全てのノウハウを集中的に効率よく学ベ、長期的に助言・指導を受けられる革新的なプロク?ラムです。内容は、欠損を有する歯列の審 美機能回復は、歯牙単位ではなく歯列もしくはその周囲組織の長期的な健康を維持する事が最重要であると考え、インプラント療法の予知性の高い予後のために、最終補綴物を考慮した診断が、必要不可欠であると言う事に基づいて企画されております。ブローネマルクシステムから始まった25年に渡る私のインプラント臨床経験を踏まえ、X線画像診断から埋入外科、インプラント補綴、咬合まで、最新のプロセラソリューションを加え、お伝えいたします。

Information

Restorative Dentistry Complete Denture Course

平成30年4⽉22⽇(日)より『The Basic of Occlusion』を開催いたします。
咬合圧を意識した印象法とそれに相応した材料の選択、並びに筋⼒を出来るだけ強く与えた状態での下顎運動記録法など、今回の研修は⼤変興味深い内容となっており、講義•模型実習のみならず、患者実習を交え実際のそのテクニックを習得していただく企画といたしました。⽣涯にわたって通じる卓越した咬合理論をベースに考えられた臨床を、ぜひ永年培われた経験をもとに皆様に伝授したいと思います。
皆様からのご応募お待ちしております。